アイクリーム ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は保湿に対して即効性があることで人気がたかく、
多くの化粧品に配合されている成分。

 

真皮の構造はコラーゲンの繊維、それを結合しているエラスチン
そしてその内部の潤いを司っているのがヒアルロン酸です。

 

ベッドのマットをイメージするとわかりやすいかもしれません。
スプリングがコラーゲン、そしてベッドマットのウレタン部分がヒアルロン酸。

 

スプリングがヘタったり、少ないと弾力がなくなりますし、このウレタンがヘタると
フワフワ、ふっくら感がなくなりペタっとなってしまいます。密度の高さが重要です。

 

肌のヒアルロン酸も1グラムで水6リットルもの保水力をもつ成分と言われていて
どれだけ水分保持に優れているかがよくわかりますが、残念ながら年齢とともに
著しく減少してくるということも明らかになっています。

 

真皮内の成分なので外部から補う場合は肌表面で留まっていても効果がなく、
表皮を通り越して真皮内に吸収される必要があるので、
浸透性に優れているクリームや美容液に含まれているものを選ぶのが
効果を体感する最短ルートとなります。

 

いくら多く含まれていても吸収や浸透がよくなければ意味がありません。

 

ベッドのマットがウレタンとスプリング両方で弾力を保つように、
ヒアルロン酸とコラーゲンの両方活性化させ生成力をアップしてあげることで
ハリと弾力があり、さらに水々しいお肌へと整えていくことが出来てきます。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンをダブルで補い低下した成分を再生し、
活性化する浸透性に優れた微小カプセルのジェルがプルプル肌を再生してくれます。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンを補い、再生するジェル

 

 

飲むヒアルロン酸は効果があるの?

 

コラーゲンやヒアルロン酸をて経口摂取ためのサプリメントも
通販やドラッグストアで多く取り扱われていますが果たして効果があるのでしょうが?

 

これはいまだに論議が繰り返されていますが、効果があるという人がいるのだから
完全否定はできなものの経口で取り入れた場合の
効果を立証する術もないというのが結論のようです。

 

飲むと体内に吸収されて効果が出やすいように思えたりもしますが、
肌に関しては表皮から小分子として吸収される方が効果を実感できるというのが結論のようです。

 

ヒアルロン酸のサプリの多くは関節痛に効果があるということでのもので、
それを飲むと関節と肌両方に聞いたという一石二鳥話は実際はなく、

 

一口にヒアルロン酸と言っても目的に合わせて違いがありますが、
これは、一緒に配合されている成分によるものといえます。


関連ページ

レチノール
たるみやしわ、くすみ、それぞれに効果のあるアイクリームの成分を調べました。
コメヌカ油
たるみやしわ、くすみ、それぞれに効果のあるアイクリームの成分を調べました。