アイクリームの成分

レチノール

ヒアルロン酸

ビタミンAの一種
繊維芽細胞にはたらきかけ,ターンオーバーを促しコラーゲンを増やす効果がある。

 

使い始めは肌がカサつきを感じることがあるが、ヒアルロン酸を
一緒に配合することでそれを回避できるし、使っていると落ち着いてくる場合がほとんどです。

 

目元の小じわやクマに特に有効です。
もともとヒトの体内にある物質なので安全性に問題はありませんが
「レチノールは危険」という話題が出ていたりしす。
それはレチノールを経口で摂取した場合のことについてのことを化粧品と一緒にしちゃっている部分が見受けられます。
化粧品の成分で飲んだらよくないというものはたくさんありますから・・・

 

最近の新しい製品でもレチノールを積極的に配合したものが多くなっている点でも効果があるというのがわかりますし、
それに関わるスキントラブルがあれば大きくニュースになるはずなので検証されている問題なしというのは信ぴょう性があります。

 

肌トラブルと言うよりピーリング効果が有るために使い始めに刺激を感じることがあるというのはわかります。(これは他のピーリングでも言えることですね)

 

だからといって闇雲に使えばいいものでなく、洗顔後の化粧水等での基礎ケアは怠らないことは必要なのは他の美容液でも言えることです。
上記のようにヒアルロン酸との併用でカサつきを抑える事ができるので、化粧水や美容液にヒアルロン酸配合をプラスしてあげればgoodです。

 

レチノール配合なのに低価格で人気沸騰したキラリエアイクリームは2代目になりコストも高い生レチノール配合になったのでより効果を体感できます。

 

>>生レチノール配合キラリエ2アイクリーム<<

 

目元を抜かしたお顔のシワが気になったりハリがほしい部分に使っていると
しわの深さがだんだん浅めになりつつあるのが実感できます。

 

おでこのしわには私の 場合は一番よく効きました。

 

レチノールは自分が信頼できるメーカーのものを使いたいです。

 

ひとつ注意点とすれば紫外線の影響をモロに受けやすく
シミの原因となってしまうことがあるので、昼間の外出時には紫外線対策も併用してあげるようにしましょう。

 

夜のお手入れの際に使う習慣づけというのもいいですね♪

 


キラリエアイクリームでビーグレンが欲しくなりました

キラリエアイクリーム2での気に入っている点がレチノール配合。
わたしの場合は特に目の下のたるんだ状態がスッキリしてきたのがとてもうれしかったです。

 

さすがレチノール!と密かにほくそ笑んでましたが、もしかしたら私の気になるもう一つのポイント
口周り(ほうれい線)にも効果があるのでは・・・

 

2−3日塗っててみたら効果を感じることができました!

 

そんな使い方・・・でもネットにアイクリームは効果なので有効成分が濃く配合されている。
だから顔に使えば効果があるのはあたりまえ。
だけどそんなことしてたらお金かかってしかたがないよ!というようなのを見たことがあったけど
確かにその通りです。いくらキラリエがお手頃価格だといっても顔に塗りたくってたら・・・

 

と思っていたらビーグレンからレチノールに特化した美容液が発売されたんですね。

 

ネーミングもモロ「QuSomeレチノA」
ストレートな名前です・・・

関連ページ

ヒアルロン酸
関節痛にも効果があるヒアルロンさん、美肌やエイジング・ケア、そして保湿の必須成分です。
コメヌカ油
たるみやしわ、くすみ、それぞれに効果のあるアイクリームの成分を調べました。