アイクリームの成分 コメヌカ油

コメヌカ油

アテニアのアイエクストラセラムにも配合されている「コメヌカ油
アイクリーム,成分,効果,コメヌカ油
コメヌカ=米ぬか:日本人が古くからスキンケアに効果のあるものとして愛用してた成分です。

 

油ですが酸化しにくく植物油として食用でも重宝されていますし、コレステロールを下げる油として現代の健康志向に伴い人気が高まっているんですね。
(うちの近所のお店でも見かけます)

 

化粧品としてもいろいろな製品に使われています。
美容液やクリームだけじゃなくクレンジングや洗顔料にも使われているんですね。

 

油というとなんかギトギトする感じがしちゃいますが、皮脂の汚れや毛穴のつまりを取り除いてくれる効果があるそうです。

 

米油や米ぬか油というとなんか食用油と言った印象を持ちがちですが、ライスオイルというと「あーなるほど」と思える製品も思い浮かびます。

 

敏感肌の方に優しい成分ですし、日本人が持っているお米との相性の良さ(生まれつき?)というのも効果を高めてくれるという説もあるみたいです。

 

まだ小さい頃近所の子がお風呂上がりにお母さんにオリープオイルをよく髪につけてもらってたのを思い出しましたが、
同じ用途にライスオイルを使うのもいいみたいです。

γ-オリザノール(ガンマ-オリザノール)

米油特有と言える成分で米油だけじゃなく米ぬかが重宝されるのもこのガンマオリザノールの働きを求めるためだといえます。

 

食用の効果としてはコレステロールの吸収制御や値を低下させたり、ガン予防としての効果も期待されるということですし、抗酸化力によるアンチエイジング効果も言われています。

アイクリーム,成分,効果,コメヌカ油

皮膚への効果としては抗酸化成分のエイジング効果はもちろん紫外線からの影響からガードしてくれることでメラニン生成を抑制し、シミ対策や美白効果が期待できます。

 

そしてまぶたのたるみ改善とまぶたのくぼみや目元のやせを解消しふっくらとしたまぶたを蘇らせてくれるんですね。

関連ページ

ヒアルロン酸
関節痛にも効果があるヒアルロンさん、美肌やエイジング・ケア、そして保湿の必須成分です。
レチノール
たるみやしわ、くすみ、それぞれに効果のあるアイクリームの成分を調べました。