目尻のちりめんジワ・乾燥小じわ

たるみとともに気になるのが目もとのしわ

目尻,ちりめんじわ,乾燥小じわ

しわは大きく分けて2種類

 

小じわ

→表皮性のしわで感想によってできるシワ

 

しわ
→小じわ状態のままコラーゲン繊維が減少・活性力低下となってしまったり、紫外線によるダメージで真皮まで到達してしまう「しわ。」

 

一般的にちりめんジワと呼ばれているのは、上記の小じわにあたるもので、
保湿を重視したお手入れを心がけて真皮までのしわへの進行を抑制しましょう。

 

最近ではエアコンによる空調の割合が多くなっているので、一年を通して乾燥しやすい状態です。
夜のお手入れだけじゃなく、昼間の乾燥対策・保湿は徹底したいものです。

 

エアコンが不要になりがちな春においても、花粉やホコリによる目もとのかゆみで無意識にこすってしまうことがあり、とくにまぶたや目の周りは皮膚が弱いためそれだけでもダメージを受けてしまいます。

 

花粉防止のメガネやグッズもうまく活用することで目もとへの刺激を避けることができます。


ちりめんじわは肌の外側・内側両方から対策を!

ちりめんじわ改善には保湿が大切ですが、そう考えるとついつい外からのケアだけに目が行ってしまいがちです。
もちろん保湿効果の高いアイクリームで外側からしっかり乾燥対策はマストですが、肌の内側からもしっかりケアでハリを保ってあげましょう。
そのためには、睡眠や食生活にも意識を向けることも大切ですね。

 

しわの改善に効果のある栄養素
ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンCはしわだけではなく美肌には有効な栄養素として有名です。
ビタミンB群の食品例:豚肉、卵、いわし、さんま、あじ、たらこ、マグロ、レバー、納豆 等
ビタミンEの食品例:たらこ、ほうれん草、さつまいも等
ビタミンCの食品例:アセロラ、パセリ、赤ピーマン、キウイ、ケール

 

目尻,ちりめんじわ,乾燥小じわ

 

そしてちりめんじわの原因となる乾燥を防ぐ栄養素としてビタミンAがあります。
食品例:春菊、小松菜、ブロッコリー

 

 

ストレスもお肌のためには大敵、しわの原因ともなってしまいます

 

あれも食べなきゃならないし、また睡眠不足だ!
と考えすぎることが逆にストレスにつながってしまうこともあり、

 

そうなってしまっては本末転倒!

 

マイペースで少しずつでも楽しく変えていくことで気持ちも楽にそして前向きになりますし、効果を感じることができたらモチベーションも高まります。

 

楽しい気持ちで続けていきましょう。