60代 まぶたのたるみケア

60代 まぶたのたるみケア

60代になると、上下まぶたのたるみ、シワに対してはもちろん
顔全体に対してもケアの必要性を強く感じてきます。

 

角層が硬くなってきている場合もあり、エイジング化粧品も
なかなか浸透せずに効果が感じられないことも。

 

今まで使っていた化粧品の効果が薄くなってきたように
感じたり、肌へのあいかたが変わったように感じたのなら

 

化粧品を変えてみるのも効果のある方法です。

 

肌質は年齢とともに変化してきて、乾燥肌→敏感肌に
というような変化もよくあります。
そうなると自分の肌に合う化粧品も違ってきて当然なんです。

 

化粧品選びのポイントは

 

・角層の奥まで成分を浸透させ、その効果が持続する
美容液やジェル・クリームでなおかつ肌へ刺激を与えないもの。

 

これが60代のお肌のケアポイントを抑えた化粧品の条件となります。

 

そして効果のある化粧品を部位ごとに使い分けてトータルなケア

 

どの年齢層でも同じですが、目元やまぶたは皮膚が薄いため
たとえ顔用であっても満足できる効果が得られないだけじゃなく
刺激となってよけいたるみやトラブルのモトにもなりかねないということ。

 

そして気になっていたまぶたのたるみが改善されてきたなと思ったら
次に目につくのがほうれい線やお顔の他の部分のたるみ・・・

 

人間って同じように毎日鏡を見ていても
まずいちばん気になるところに意識が行ってしまうのです。
あーここも、あそこもと思いながらも特にここ!というふうにも
そのとくにここ!の次にはすぐこちらというのが常なのですね。

 

オールインワンじゃちょっと役不足、
でもあれこれ揃えても大変ということをクリアできるのがビーグレンのライン。

 

トライアルセットのラインナップを見るとわかるのですが、
洗顔はクレイウォッシュ、化粧水は10-YBローション、
美容液がCセラム、クリームはモイスチャリッチクリーム

 

これに目元はトータルリペアアイセラムがプラスですし、
エイジング・ケアであればQuSomeリフトといった感じなので
目元用にいくつものライン、たるみ・ほうれい線はまた別にと

 

多くの種類を揃える必要がなく効果が得られうのはうれしいことです。

 

60代の美肌ケアにピッタリのコスメ→詳細はこちら

 

まぶたのたるみは日常生活からも

 

まぶたをたるませてしまう要因に目の疲れというのもあります。
目の周りの血行が悪くなり、筋肉疲労を起こしてしまいます。

 

意識して一定時間ごとに目を休ませる習慣をつけるとまぶたのたるみの
進行を止める手助けとなってくれます。